小児歯科|新田駅すぐの歯医者はさくら歯科医院

さくら歯科医院

0489341182

埼玉県草加市金明町255-1信用第一ビル2F
ー東武伊勢崎線『新田駅』西口より徒歩30秒ー

小児歯科

お子様の歯の健康について

  • image
  • 乳歯や生えたばかりの永久歯というのは、虫歯への抵抗力が弱いので、ご両親と私たち歯科医院が2人3脚で見守っていかなければいけません。

    健康な歯は正しい発育を促します。たとえば虫歯などで乳歯を早めに抜くことになったとしましょう。そうなると満足に噛むことができず、顎の成長に影響が出てしまうことも考えられます。「口のなかのこと」と甘く考えないようにしましょう。

    治療例

診療内容

フッ素塗布

  • image
  • フッ素には、歯の表面にあるエナメル質の虫歯に対する抵抗力を高める効果があります。歯を削る処置ではないので、歯医者さんギライのお子さんでも安心です。また、フッ素は生えてきてから数年内の歯に良く効きます。

    歯科医院で高濃度のフッ素を3~4ヶ月おきに塗布する事と、毎日自分でつける事の両方がやれると理想です。自分でフッ素をつけるには、フッ素入りの歯磨き粉を使うか、毎日塗る用のフッ素のうがい液を使用します。大切なのはフッ素をつけたらお水でゆすがない事。30分は飲食しない事です。歯磨き粉でつけた場合はあまりうがいせずに、おちょこ一杯分位の水でうがいするようにします。出来れば専用のうがい液でうがいして、その後お水でうがいしなければフッ素が洗い流されず理想的です。歯磨き後に使っていただけるフッ素液を販売しております。是非お気軽にお問い合わせください。
    (容器250円(税込)、液200円(税込))

シーラント

  • image
  • 主に6歳臼歯に行う処置です。虫歯になりやすい、歯の細く深い溝を歯科用レジンで埋めることで、むし歯を予防します。保険が適用出来ます

お子様の食生活について

  • image
  • お子さんが最初に何を食べたか?今、何を食べているのか?が今後の食生活やむし歯になるかどうかに大きく影響します。小さい時から、お菓子やジュースを良く飲んで育った子は、お菓子やジュースが好きになります。大きくなっても、それは変わらず、大人になってもむし歯や歯周病で苦労する可能性が大きいです。
    日本で生まれて、日本の食事を食べて育つので、味噌汁やお醤油の味に慣れていきます。もし、お子さんが小さい時からインドの料理を食べ続けていれば、大きくなっても味覚はインド人と変わらず香辛料の効いた食事を好んで和食は好きにはならないと思います。それと同じで、今何を食べているか?飲んでいるか?で味覚の好みが変わります。お水やお茶で育った子は、大きくなってもお茶やお水を好むでしょうし、コーラなどで育った子はコーラを好むようになると思います。

    おやつは必ずしも甘いものでなくて、おにぎりでも良いと思います。出来れば3才や4才になるまでは、あまり甘いものを与えないようにした方が良いと思います。また、ダラダラと食べているのも歯に良くないですし、おやつや間食でお腹いっぱいで、あまりゴハンを食べないとか、好き嫌いが出来る原因にもなると思います。むし歯だけではなくて、身体にも良くないですよね。どんな食べ物をたべるのか?間食がおおくないか?について考えてもらうと良いですね。

ページの先頭へ