予防・メンテナンス|新田駅すぐの歯医者はさくら歯科医院

さくら歯科医院

0489341182

埼玉県草加市金明町255-1信用第一ビル2F
ー東武伊勢崎線『新田駅』西口より徒歩30秒ー

予防・メンテナンス

予防やメンテナンスが大事な理由

  • image
  • 治療をすることも歯を守るために大切ですが、それよりもまずは病気にさせない環境を作ることが非常に大事だと考えます。

    口腔内の環境を整え、予防やメンテナンスを行わないと折角治療をしてもまた虫歯や歯周病になるリスクが高いです。また、度重なる治療により歯に負担がかかる、費用がかさむなどの患者様にかかる負担もなくなります。

    また、ご高齢の方などはしっかりと予防・メンテナンスをすることによって歯を残すことができます。

    治療例

平均残存歯数の比較

当院でメンテナンスを行っている62名の方にご協力を頂き、平均残存歯数を比較してみました。歯科白書に記載されている平均残存歯数より、メンテナンスを行っている方の方が圧倒的に歯が残っていることが分かります。

  70~74歳 75~79歳 80~84歳
メンテナンス
3年以上
19.5本 20.5本 22.5本
メンテナンス
1~3年未満
19.9本 19.5本 14.9本

メンテナンスなし
(歯科白書調べ)

15.2本 10.7本 8.9本

当院の予防歯科

予防やメンテナンスを行っていくには、まず今の口腔内がどうなっているかを検査することが非常に大切です。こういった資料は、経過を知る記録としても使います。当院では、下記のようなことを行っています。

全顎デンタル撮影

  • image
  • 当院では被曝量の少ないデジタルレントゲンを採用しています。一般的な医院では、大きなレントゲンを一枚撮影することが多いですが、一本一本の歯の状態を詳しく検査するため、小さなレントゲンで十分割して全体を撮影します。

    大変精度が高く、クリアに撮影されるため、歯と歯の間にあるような見えづらい虫歯を確認したり、骨の状態をチェックして歯周病の進行状態をチェックしたりすることができます。

口腔内写真撮影

  • image
  • 歯と歯肉の写真を撮影します。歯肉は健康なときと病気のときで変化の激しい組織です。その変化をきちんと記録することで、治療や見直しのための貴重な資料となります。

徹底的な検査

  • image
  • 視診による歯や歯ぐき、粘膜の検査、唾液の検査、歯肉の精密検査など様々な検査を行っています。

    歯肉の精密検査では、歯の隙間が何ミリあるか、歯の動揺度、出血などを調べて歯周病の進行具合を数値化することができます。

予防治療

当院では、下記のような方法で予防やメンテナンスを行います。

PMTC

  • image
  • そこで受けていただきたいのがこのPMTCです。頑固な汚れやバイオフィルムもしっかり除去し、お口をすみずみまできれいにします。

フッ素塗布

  • image
  • フッ素には、歯を溶けにくくする働きや再石灰化といって溶けた歯を元に戻すのを助ける働きがあります。歯科医院で高濃度のフッ素を3~4ヶ月おきに塗布する事と、毎日自分でつける事の両方がやれると理想です。

    自分でフッ素をつけるには、フッ素入りの歯磨き粉をつけるか、毎日塗る用のフッ素のうがい液を使用します。大切なのはフッ素をつけたらお水でゆすがない事。30分は飲食しない事です。歯磨き粉でつけた場合はあまり、うがいせずに、おちょこ一杯分位の水でうがいするようにします。出来れば専用のうがい液でうがいして、その後お水でうがいしなければフッ素が洗い流されず理想的です。

歯磨きのチェック

  • image
  • まずはPCRと言って何%磨き残しがあるかを診ます。磨き残しが数値で20%以下となるようにします。つまり歯磨きの点数が80点以上となるのを目標にします。歯磨きが上手くなると、むし歯や歯周病から歯を守る事ができます。
    時には磨き残しを赤く染めて、どこが磨けていないかのチェックをします。院長の僕も歯医者になる前はむし歯になって歯医者さんのお世話になっていました。それが、今ではむし歯にあまりならずに済んでいるのも歯磨きのおかげです。歯医者さんになるために90分の授業を半年うけて歯磨きの練習をしました。

    皆さんも1回や2回では上手になれなくても、何度も歯磨きの練習をすれば上手くなります。逆に、練習をしないと上手くはなれません。むし歯や歯周病から歯を守るのにとても大切な事なので、歯磨きの練習でその日の治療が終わりという時もあると思いますが、頑張れば結果はついてきますので歯磨きなんてと言わずに頑張って下さい。

食生活のチェック

  • image
  • むし歯や歯周病から歯を守るには、歯磨きは大切なのですが、それ以上に、食べる時間や飲み物を飲む時間がむし歯や歯周病に影響します。
    具体的には、3時間は食べたり飲んだりしない事が大切で す。お水やお茶は良いのですが、コーヒーや紅茶、スポーツドリンクやジュース、お酒、のど飴やお菓子などは、ちょこちょこと食べたり飲んだりしていると、むし歯になります。甘くない食べ物、例えばポテトチップなど砂糖を使用していない食べ物も、唾液で分解されると糖になるのでむし歯になります。

    時間を决めて食べる事が大切です。甘いものなどは食後にデザートとして食べると良いです。寝る前やお風呂上がりにジュースやアイスを食べたりすると、むし歯が出来やすいので、皆さんがどういった食生活をしているかを聞いて、どうやったら改善出来るかを一緒に考えていきたいです。

禁煙支援

  • image
  • タバコは歯周病の最大のリスクとも言われています。タバコを吸っていると体に悪いとか肺がんになりやすいと言われますが、歯にも悪いです。歯周病はタバコを吸っていると治らないと思ってもらっても良い位です。
    インプラントといった治療も成功率が下がります。また、歯にヤニが付くと言われますが、実際に歯の表面にヤニがつけば歯に汚れが付きやすくなるのでむし歯にもなりやすいです。タバコを1日1箱吸えば1ヶ月では1万5千円近く、1年では18万円、10年では180万円使う事になります。タバコを辞めれば歯に良いだけでなく、身体にも良いので、禁煙のお手伝いが出来ればと思います。

3DS

  • image
  • 3DSとは、抗菌剤を使って虫歯や歯周病の原因菌を殺菌し、予防を行うという方法です。当院では虫歯・歯周病リスクの高い方に向けて、予防処置として行っています。効果は4~6ヶ月持続しますので、定期的にお受けいただくことをおすすめします。

ページの先頭へ